Buntin's Cozy Mystery Library

コージーミステリが楽しめて、気軽に立ち寄れる図書館のようなブログにしたいです♪

【コージーミステリ図鑑〈23〉】ママ探偵の事件簿シリーズ:カレン・マキナニー

こんにちは。ぶんちんです。

 

作品紹介第23弾は、家庭の問題に悩むママ探偵が主人公!

 

ママ、探偵はじめます (コージーブックス)

 

基本情報

・シリーズ名 

 ママ探偵の事件簿シリーズ

・著者    

 カレン・マキナニー

・訳者   

 上條ひろみ

・出版社  

 コージーブックス(原書房)

 ・ぶんちん的カテゴリー

 米国ミステリ

 ベテラン女子ミステリ

 主婦探偵ミステリ

 

翻訳済みタイトル(2019年1月現在)

・ママ、探偵はじめます

 ・秘密だらけの小学校 

 

 

 

主人公

・主人公 

 マリーゴールド(マージー)

 ・ピーターソン

・年齢   

 30代

・仕事   

 主婦

〈ピーチーツリー探偵社〉の調査員

・家族構成

 夫、子供2人

・ペット  

 猫1匹(ルーファス)

 子豚1匹?

・恋のお相手

 ブレイク(夫)

  ???

 

 

舞台

・国    

 アメリカ

・地域

 オースティン

 (テキサス州の州都) 

www.austintexas.gov

 

 

ぶんちんのおすすめポイント

家庭内の問題に悩む主人公

 主人公のマージーは、夫と二人の子供とともに、テキサス州のオースティンに暮らす主婦。

 

子供たちの保育料を稼ぐためにピーチーツリー探偵事務所で、調査員として働き始めます。

 

浮気調査やペット奪還作戦などの依頼をこなす中、殺人事件にも関わることに。。。

 

そんな中、夫との関係や子供たち(特に長女のエルシー)に関する問題にも、頭を悩ませ心を痛めます。

 

一見何の問題もなく幸せそうに見えていても、誰もが何かしら悩み、日々不安を乗り越えて進んでいる。

 

当たり前のことかもしれませんが、そんなことを考えさせられる作品です。

 

人生の大きな岐路に立つ、マージーの幸せを願わずにはいられません。

 

魅力的な女性たち

パワフルだけど不器用な主人公のマージーをはじめ、この物語には魅力的な女性キャラクターが数多く登場します。

 

軽口をたたきあえるママ友で親友のベッキーは、いざというとき頼りになる骨太な女性。

 

主人公との掛け合いが、読んでいて楽しい!

 

探偵事務所を経営するピーチズは、堂々たる個性的なファッションと大胆な調査方法で、ピンチを切り抜けたり、招いたり。。。

 

一体どんな人生を歩んできた人なの???

 

マージーの母コンスタンスはヴィーガンで、天真爛漫。娘や孫の食生活を大胆に変えていきます。

 

母と娘のやり取りには、笑わせられたり泣かされたり。

 

義母のプルーデンスは、孫を上流階級で育てようと介入しまくります。

 

ぶれない姿勢がすごいです。

 

娘のエルシーも、すでになかなか個性的で将来が楽しみです。

 

こうして書き出してみると、このお話は力強い女性たちの物語ですね。

 

影の主役「フライフォン」

娘のエルシーのお気に入りのおもちゃ「フライフォン」。

 

このおもちゃはマクドナルドのハッピーミール(日本でいうハッピーセット)におまけとしてついてきたもの。

 

すでに販売されておらず、入手が困難なものになっています。

 

この貴重で大切なフライフォンは物語の中で、大きな役割を担います。

 

マージーもフライフォンには振り回されてばかり。

 

フライフォンを巡るドタバタ劇も本作の読みどころです。

 

 

 おわりに 

原作は3作出版されており、現時点で2作の翻訳版が出版されています。

 

カレン・マキナニーさんは 「朝食のおいしいB&Bシリーズ」で、ご存知の方も多いと思います。

 

 

こちらのシリーズも本当に面白い作品ですが、現在4作目までで邦訳版が止まっています。。。

 

なので、今回の新シリーズの日本出版はとてもうれしい!

 

今後の主人公の人生がどう展開していくのか、探偵としての成長も含めて楽しみな作品です。

  

ぶんちん

 

 

 

◇Audible(コージーミステリ作品の洋書を聴こう!)

今話題のオーディブル🎵

 

コージーミステリの作家名を英語で検索すると、洋書版のオーディオブックが!!

 

英語が苦手でも、 一度日本語で読んだ作品なら、英語で聴いても大体の流れはわかります✨

 

コージーミステリを英語で楽しみながら、勉強にもなりますよ🎵

 

カレン・マキナニーさんの作品もいくつかあり、このシリーズは翻訳済みの2作と未翻訳の1作があります💡(2019年1月現在)

 

「A Margie Peterson Mystery」で検索してみてください🎵

 

無料登録はコチラ↓

 

 

Amazon.com内の作者ページ

www.amazon.com