Buntin's Cozy Mystery Library

コージーミステリが楽しめて、気軽に立ち寄れる図書館のようなブログにしたいです♪

【コージーミステリ図鑑〈27〉】朝食のおいしいB&Bシリーズ:カレン・マキナニー

こんにちは。ぶんちんです。

 

作品紹介第27弾は、離島のB&Bを経営するたくましい女性が主人公!

 

注文の多い宿泊客 (ランダムハウス講談社文庫)

 

基本情報

・シリーズ名 

 朝食のおいしいB&Bシリーズ

・著者    

 カレン・マキナニー

・訳者   

 上條ひろみ

・出版社  

 ランダムハウス講談社文庫

 RHブックスプラス

 ・ぶんちん的カテゴリー

 米国ミステリ

 ベテラン女子ミステリ

 経営者系ミステリ

 

 

翻訳済みタイトル(2019年6月現在)

・注文の多い宿泊客 

・料理人は夜歩く

・危ないダイエット合宿 

・海賊の秘宝と波に消えた恋人 

 

 

 

主人公

・主人公 

 ナタリー・バーンズ

・年齢   

 40代(第2作時点で39歳なので、4作目では40代になっていると思われる)

・仕事   

 グレイ・ホエール・インのオーナー

・家族構成

 同居家族:姪

 別居家族:姉

・ペット  

 なし

・恋のお相手

 ジョン・クィントン

(インの下宿人。保安官補)

 

 

舞台

・国    

 アメリカ

・地域

 クランベリー島

 (メイン州の実在の離島) 

www.gousa.jp

※作中に登場する、「クランベリー島」や「マウント・デザート島」は、ファンタジー感のあるかわいい名前ですが実在します。

 

 

ぶんちんのおすすめポイント

30代後半で新たな人生を歩き始めた主人公

この物語の主人公ナタリーは、人生の新しいスタートを切ったばかり。

 

30代後半で一念発起し、南部のテキサス州から東海岸のメイン州、しかも離島に移住したのです。

 

新天地クランベリー島で彼女は私財を投じて、グレイ・ホエール・インという、B&B(朝食付きの宿)を始めます。

 

物語の中で明かされていく、ナタリーの移住の経緯も読みどころです。

 

自分の人生をこの手に取り戻したい。

 

自分の目指す働き方、生き方をしたい。

 

そんな思いを抱いている方はぜひこのシリーズを読んでみてください。

 

あたたかくも厳しい離島のコミュニティー

新しい場所になじむには時間がかかるもの。

 

このシリーズでは、ナタリーが「島の住民」になっていく過程も、一つのテーマとして描かれています。

 

島の開発問題、恒例のイベントなど、まだまだ新顔のナタリーには荷が重く、気が重いことも多々ある島のコミュニティー。

 

ナタリーが殺人事件にかかわってしまうことから、好奇の目で見られる場面も増えていきます。

 

ただ、離島のコミュニティーに悩まされることも多いナタリーですが、全体的にはかなりうまく溶け込んでいると思います。

 

運よく同世代の友人を見つけることができていますし、島民全員とはいかないまでも、顔見知りの島民とは、助け合える関係を築いています。

 

これは彼女自身が、大人としてしっかり自立していることが大きいように思います。

 

しっかり自分の足で立ち、何をしたくてその場所にいるのかを明確に持っていないと、一人での離島への移住は難しいでしょう。

 

現在、見知らぬ土地への移住を検討している方にも、参考になる物語かもしれません。

 

 

インの経営は世知辛い

物語では、浮き沈みの激しいインの経営についても描かれています。

 

ある時は、猫の手も借りたいほどの忙しさ、またある時は、開店休業状態。

 

先々の見通しを立てるのも難しい中、経営者として奮闘するナタリーの日常から、自営業の厳しさが垣間見えます。

 

そんな中で殺人事件が起こったりするわけですから、事件がインの売り上げにどう影響するのかなども、頭の痛いところ。

 

「自分の選んだ道は正しかったのだろうか」と、ナタリーが自問自答する場面もあり、そのあたりの心の揺れ動きが、リアルに描かれています。

 

ちなみにそんなナタリーの癒しタイムが料理をしている時間。

 

新しいレシピを試したり、献立を考えたり。

 

料理をしている場面の描写を読んでいると、こちらも幸せな気分になります。

 

 

 おわりに 

原作は8作出版されており、現時点で4作の翻訳版が出版されています。

 

そして2019年6月末に9作目が出版されるとのこと!

 

このシリーズの翻訳版は、2012年まで、RHブックスプラスというレーベルから出ていました。

 

しかし、そのレーベルが無くなってしまい、その後ほかの出版社からの刊行もない状況です。。。。

 

カレン・マキナニーさんは 、このブログでも紹介している「ママ探偵の事件簿シリーズ」の著者でもあります。

 

www.buntin-cozylife.com

 

カレンさんの新シリーズの勢いに乗って、このB&Bシリーズの続編も刊行されるといいなぁ。。。

 

原書房さん!どうかお願いしますm(_ _)m!

 

  

ぶんちん

 

 

 

◇Audible(コージーミステリ作品の洋書を聴こう!)

今話題のオーディブル🎵

 

コージーミステリの作家名を英語で検索すると、洋書版のオーディオブックが!!

 

英語が苦手でも、 一度日本語で読んだ作品なら、英語で聴いても大体の流れはわかります✨

 

コージーミステリを英語で楽しみながら、勉強にもなりますよ🎵

 

カレン・マキナニーさんの作品もいくつかあり、このシリーズは1作目が出ています💡(2019年6月現在)

 

『Gray Whale Inn Mysteries』で検索してみてください🎵

 

無料登録はコチラ↓

 

 

Amazon.com内の作者ページ

www.amazon.com