Buntin's Cozy Mystery Library

コージーミステリが楽しめて、気軽に立ち寄れる図書館のようなブログにしたいです♪

【深読みフルハウス】シーズン1 第11話「最高の誕生日」

あらすじ

今日はダニーの30歳の誕生日。

 

30代の扉を開けるダニーはどこか憂鬱そう。

 

ジョーイとジェシーは、送迎のリムジンやサプライズパーティー、そしてプレゼントと、ダニーのためにいろいろ計画します。

 

しかし、ダニーの10年来の愛車「ブレット」にとんでもない悲劇が。。。

 

 

使ってみようフルハウスEnglish!

I could cry. 

涙出そう。(ダニー)

電車が運休で仕事に行けない時に、喜びを表すために使ってみよう!

 

 

独断チョイス!名シーン!名ゼリフ!  

「ブレッドはもう卒業したんだろ?」(ジョーイ)

「古いほうはね。人間は前進しなきゃ。」(ダニー)

「だからワゴンにしたんじゃないの?」(ジョーイ)

「だけど一番の友達からもらえるなら、それが最高のプレゼントだよ。誕生日の良し悪しは一緒に過ごす相手で決まる。おかげで最高の誕生日だったよ。」(ダニー)

(中略)

「なぜか今、いいなぁって思い始めたんだ。30歳がね。」(ダニー)

「あら〜!言えたよ〜!!」(ジェシー)

 

 誕生日当日、思わぬ事故でダニーの愛車ブレッドが廃車になってしまいます。

 

30代に突入したと同時に、20代をともに過ごした愛車を亡くし、すっかり打ちのめされるダニー。

 

ジェシーとジョーイは、カーディーラーでブレッドとそっくりの車を見つけ出し、ダニーにプレゼントします。

 

ダニーは30代に突入したことをどこか受け入れられず、なかなか自ら「30歳」と宣言できずにいました。

 

しかし、自分を思い、必死に動いてくれたジェシーとジョーイの存在に、「自分の人生、そんなに悪くないじゃないか。」と思うことができたのかもしれません。

 

親友2人とともに、ブレットの悲劇を乗り越えることで、自分の人生の新しい章の幕開けを受け入れ、ついに「30歳」と宣言することができたのでした。

 

節目のタイミングというのは人によります。

 

ダニーにとっては30歳の誕生日がそれでした。

 

この回以降、デートを始めるなど、ダニーは家族のためだけでなく、自分自身の人生も大切にするようになっていきます。

 

ちなみにわたしは、このエピソードを見て、はじめてサプライズパーティのスタイルを知りました。

 

さすがアメリカだな〜と。

 

今は日本でも当たり前みたいですね。

 

経験はないですが。。。。( ;∀;)

 

 


The Beatles - Drive My Car

最後のドライブのシーンのBGM♪

 

ぶんちん