Buntin's Cozy Mystery Library

コージーミステリが楽しめて、気軽に立ち寄れる図書館のようなブログにしたいです♪

【ヴィッキ・ディレイニー】赤鼻のトナカイの町シリーズの順番・おすすめポイント!【コージーミステリ図鑑〈19〉】

f:id:buntin1219:20191128192633j:plain

 

こんにちは。ぶんちんです。

 

今年のクリスマスは何をして過ごしますか??

 

ハロウィンが終わると、日本では一気にクリスマスムードが高まり、スーパーやショッピングモールなどでもクリスマスの装飾が始まります。

 

クリスマス飾りを見ていると、ウキウキして、なんとなく幸せな気持ちになりますよね💗

 

一年中クリスマスでもいいのにな~🎵

 

作品紹介第19弾は、一年中クリスマスを祝う町が舞台🎄✨✨

 

クリスマス気分を盛り上げてくれるコージーミステリです!

 

クリスマスも営業中? (コージーブックス)

 

基本情報

・シリーズ名 

 赤鼻のトナカイの町シリーズ

・著者    

 ヴィッキ・ディレイニー

・訳者   

 寺尾まち子

・出版社  

 コージーブックス(原書房)

 ・ぶんちん的カテゴリー

 米国ミステリ、 

 経営者系ミステリ

 シングル女子ミステリ

 

真っ赤なお・は・な・の~🎵トナカイさ・ん・は~🎵

 

 

翻訳済みタイトル(2019年11月現在)

  1. クリスマスも営業中? 
  2. サンタクロースの一大事?

 

邦訳タイトルにも表紙にもクリスマス愛があふれてるね~!

 

 

 

主人公

・主人公  

 メリー・ウィルキンソン

・年齢   

 30代

・仕事   

 クリスマスグッズ専門店の店主

・家族構成

 父、母(同じ町に居住)

 妹2人、弟(それぞれ独立)

・ペット  

 犬一匹(マティ)

・恋のお相手

 アラン・アンダーソン

 (木製玩具職人)

 ラス・ダラム

 (地元紙の編集発行人)

 

クリスマスグッズ専門店!?行って買い物したい!

 

舞台

f:id:buntin1219:20191122125548j:plain

※写真はイメージです

・国    

 アメリカ

・地域

 ルドルフ

 (ニューヨーク州北部の架空の町)

 

◇ニューヨーク州文化教育センターHPwww.nysed.gov

 

ニューヨーク州か~。冬はとっても寒そうだけど、行ってみたいな~!

 

 

ぶんちんのおすすめポイント

一年中クリスマスの町!!

f:id:buntin1219:20191122130137j:plain

 

このシリーズの舞台はなんとも魅力的な町。

 

一年を通してクリスマスを祝う「クリスマスの町」、その名もルドルフ

 

そう、あの「赤鼻のトナカイ」の名前と同じ名前の町なんだよ💡

 

この町は以前主人公の父親が町長だったころに、町の名前から町おこしの方法を思いつき、クリスマスの町として息を吹き返しました🎄✨✨(物語中でもその経緯が説明されています。)

 

それにしても一年中クリスマスという発想の大胆さに驚きます。

 

作中にはそんなクリスマスの町の様子も描写されています。

 

特に主人公が経営する雑貨屋さんの様子は、思い描くだけでワクワク💕

 

クリスマス大好きなわたしとしては、本当に行ってみたい町です!!!

 

30代での人生の転機

f:id:buntin1219:20191122130203j:plain

 

物語の主人公メリーは、生まれも育ちもルドルフ。

 

大学進学で故郷を離れ、卒業後はニューヨークシティで雑誌編集者として働き、華やかな暮らしをしていました。

 

だけど婚約者の裏切りに遭い、仕事を辞めて帰郷することに。。。

 

故郷ルドルフで経営者として再スタートを切ります

 

「30代で新たな人生の一歩を踏み出した主人公」という設定は、コージーミステリに多くみられますが、この主人公もそんな女性の一人。

 

経営者としては新米で、従業員やお隣さんともめたりと、苦労している面も垣間見えます。

 

それでも淡々とがんばる主人公の姿に勇気をもらえる作品です。

 

ちなみにですが、メリーはお料理が苦手。

 

コージーミステリにはめずらしい、冷凍ピザをチンするというシーンも出てくるよ💡

 

そんな、「元・いそがしい都会人」らしいシーンからも主人公のキャラクターが見えて微笑ましいです。

 

小さな町で暮らすこと

f:id:buntin1219:20191122130235j:plain

 

30代で再び故郷での暮らしをスタートさせた主人公ですが、やはり田舎町のしがらみというものに悩みます。

 

幼いころからみんな知り合いで、父親は地元の名士ですから、彼女はただでさえ有名人。

 

そこに殺人事件が起こり、その事件に巻き込まれると、あっという間に噂の的に。。。

 

人間関係が濃密という環境は、時に温かく、時にうっとおしくなるもの。

 

そうした描写もリアルで、主人公の心境に共感できる方も多いのではないでしょうか。

 

 

 おわりに 

f:id:buntin1219:20191122130916j:plain

 

原作は3作出版されており、現時点で2作の翻訳版が出版されています。

 

わたしは子供のころからクリスマスが大好きなので、一年中クリスマス気分を味わえる町なんて夢のようです🎄✨✨

 

このシリーズをクリスマスシーズンに読めば、間違いなく気分が盛り上がりますが、クリスマスじゃないときにも本を開いて、クリスマス気分を味わおうと思います💕

 

この作品のおかげで一年中クリスマスを楽しめるね🎵

 

この作品を読んで、みなさんも楽しいクリスマスをお過ごしください!

 

Merry Christmas!!🎅🎄💕

 

ぶんちん

 

 

◇Audible(コージーミステリ作品の洋書を聴こう!)

 

今話題のオーディブル🎵

 

コージーミステリの作家名を英語で検索すると、洋書版のオーディオブックが!!

 

英語が苦手でも、 一度日本語で読んだ作品なら、英語で聴いても大体の流れはわかります✨

 

コージーミステリを英語で楽しみながら、勉強にもなるよ🎵

 

ヴィッキ・ディレイニーさんの作品も聴くことができます💡

www.audible.co.jp

 ※残念ながら「赤鼻のトナカイの町シリーズ」は未リリースでした💦(2019年11月現在)

 

◇作者についてもっと知ろう!:英語サイトのご紹介

情報満載の作者ホームページ💡 

vickidelany.com

Amazon.com内の作者ページ

www.amazon.com