Buntin's Cozy Mystery Library

コージーミステリが楽しめて、気軽に立ち寄れる図書館のようなブログにしたいです♪

【ローラ・チャイルズ】お茶と探偵シリーズの順番・おすすめポイント!【コージーミステリ図鑑〈35〉】

f:id:buntin1219:20200617182304j:plain
出典:pixabay.com

 

最後にゆっくりとお茶を味わったのはいつか覚えていますか?

 

仕事や日々の生活に疲れて余裕がなく、ただゆっくりするためだけの時間が取れていない方も多いのではないでしょうか。

 

そんなあなたにぜひおすすめしたいのが、今回紹介するコージーミステリ!

 

作品に登場するお茶や料理、素敵なお茶会の描写が、ゆったりした気持ちを思い出させてくれます。

 

魅力的な登場人物たちのライフスタイルにも注目です!

 

 

アッサム・ティーと熱気球の悪夢 お茶と探偵 (コージーブックス)

 

基本情報

・シリーズ名 

 お茶と探偵シリーズ

・著者    

 ローラ・チャイルズ

・訳者   

 東野さやか

・出版社  

 ランダムハウス講談社文庫

 コージーブックス(原書房)

 ・ぶんちん的カテゴリー

 米国ミステリ、

 経営者系ミステリ、

 ティーミステリ

 シングル女子ミステリ

  

 ローラさんは「卵料理のカフェシリーズ」でも有名な人気コージー作家だよ!

 

www.buntin-cozylife.com

 

 

翻訳済みタイトル(2020年6月現在)

1.ダージリンは死を招く

2.グリーン・ティーは裏切らない 

3.アール・グレイと消えた首飾り 

4.イングリッシュ・ブレックファスト倶楽部

5.ジャスミン・ティーは幽霊と 

6.カモミール・ティーは雨の日に

7.ブラッドオレンジ・ティーと秘密の小部屋

8.ロンジン・ティーと天使のいる庭 

9.ホワイト・ティーは映画のあとで

10.ウーロンと仮面舞踏会の夜

11.ミントの香りは危険がいっぱい

12.オーガニック・ティーと黒ひげの杯

13.ローズ・ティーは昔の恋人に

14.スイート・ティーは花嫁の復讐

15.プラム・ティーは偽りの乾杯 

16.アジアン・ティーは上海の館で

17.ロシアン・ティーと皇帝の至宝

18.オレンジ・ペコの奇妙なお茶会 

19.セイロン・ティーは港町の事件

20.アッサム・ティーと熱気球の悪夢

 

 

12作目の「オーガニック・ティーと・・・」以降はコージーブックスから出ているよ! 

 

主人公

・主人公 

 セオドシア・ブラウニング

・年齢   

 30代

・仕事   

 インディゴ・ティーショップの経営者

・家族構成

 おば(別居)

・ペット  

 犬1匹(アールグレイ)

・恋のお相手

 ジョリー・デイヴィス(弁護士)

 パーカー・スカリー(ビストロオーナー)

 マックス・スコフィールド(美術館職員)

 ピート・ライリー(刑事)

 

元やり手の広告ウーマン!経営センスも抜群だよ!そして美人!

 

舞台

f:id:buntin1219:20200617182855j:plain
出典:pixabay.com 

 ・国    

 アメリカ

・地域

 チャールストン

 (サウスカロライナ州南東部の港湾都市)

ja.wikipedia.org

 

作中には歴史的景観港湾都市らしい描写もたくさん出てくるよ! 

 

ぶんちんのおすすめポイント

若き女性経営者セオドシアのティーショップ経営

f:id:buntin1219:20200617181931j:plain
出典:pixabay.com

 

24時間365日、生き馬の目を抜く広告業界で働き続け、すっかり疲弊したセオドシアが財産のほとんどをつぎ込んで始めたのが「インディゴ・ティーショップ」

 

世界中のお茶を素敵な雰囲気の店内で楽しめるお茶の専門店だよ!

 

ティーショップで働くのは、オーナーのセオドシア、マスターティーブレンダーのドレイトン、厨房担当のヘイリー、経理と給仕を手伝ってくれるミス・ディンプル

 

少数精鋭の抜群のチームワークでお店を切り盛りしてるよ!

 

作中では、セオドシアの敏腕経営者としての顔にも焦点を当てており、経営の苦労やそのセンスの良さも感じ取れます。

 

季節やテーマを設定したお茶会や、おしゃれなインディゴブルーのカップでのテイクアウト、イベントでのお茶のケータリングなど、さまざまなことを行っていますが、特に経営者としての手腕を感じるのは、新しいお茶製品の開発です。

 

お茶の成分を活かした入浴剤などのお風呂系グッズ「Tバス」、お茶の成分が入ったコスメなど、香りや味を楽しむだけではない、幅広いお茶の楽しみ方を提案しています。

 

また、セオドシアは地元のテレビ番組にもたびたび出演。

 

お店の宣伝活動も熱心に行っているんだよね!

 

地域の慈善活動にもお店を上げて積極的に参加するなど、地域貢献も忘れません。

 

素敵なお店の影には、こんな敏腕経営者の存在があるんだね!

 

自分のお店ってなんとなく憧れがありますが、経営の楽しさや苦労、経営センスの重要さなどもこの作品から学べますね。

 

ふんだんに楽しめるお茶の知識やお茶会の描写

f:id:buntin1219:20200617182125j:plain
出典:pixabay.com

 

この作品最大の読みどころと言えるのが、ふんだんに盛り込まれたお茶の豆知識と、インディゴ・ティーショップで開催される素敵なお茶会の描写でしょう!

 

お茶が好きな人も、これからお茶について勉強したい人も楽しめるよ!

 

厨房担当のヘイリーは、お茶に合う料理やスイーツを作る天才で、毎日違うメニューを考えだし、すべて一人で作り上げています。

 

そのメニューの描写には毎回食欲を刺激されまくりですw

 

そのメニューにぴったりのお茶を選び提供するのが、マスターティーブレンダーのドレイトン。

 

彼のお茶の知識は底なしで、その歴史やフードペアリング味や香りの解説などに加え、お茶にまつわる詩にも詳しいという完璧さ。

 

ドレイトンにお茶のことを質問するお客さんも多いよ!

 

彼はその豊富な知識を活かして、オリジナルブレンドも多数開発し、お店で販売もしています。

 

章の合間に、ドレイトンによるお茶の豆知識も掲載されているので、インディゴ・ティーショップに行ったつもりで、ドレイトンのお茶談義を楽しんでみてください。

 

毎回テーマの違うお茶会も、ほんとに楽しみなんだよね!

 

お茶会は大体週に2回ほど開催されていますが、どれもさまざまな趣向を凝らして、非日常の空間を演出しています。

 

海外で有名な少女探偵ナンシー・ドルーをテーマにしたお茶会では、作品にまつわる雑貨をディスプレイして謎解きを楽しんだり、ロマノフ朝をテーマにしたお茶会では、ファベルジェの卵を模したお菓子やロシアの茶道具サモワールを使ってお茶を提供したり。。。

 

世界中のお茶文化も学べるし、自分でお茶会を開くときの参考にもなるね!

 

作品に登場したお茶やお茶会に興味が湧いたら、ぜひ生活に取り入れてみてくださいね!

 

それぞれの人生を楽しむ魅力的なキャラクターたち

f:id:buntin1219:20200617182525j:plain
出典:pixabay.com

 

作品のメインキャラクターである、インディゴ・ティーショップのメンバーたちは、仕事以外にもそれぞれに好きなことを楽しみ、人生を充実させています。

 

セオドシアは愛犬のアール・グレイとともに、病院でのドッグセラピーなどに協力していたり、マリンスポーツや乗馬なども楽しんでいて実にアクティブ。

 

ほとんど毎日アール・グレイとのナイトランに出かけていて、それが事件の解決に役立ったことも。

 

ドレイトンは、チャールストンの歴史や美術、盆栽やインテリアなど実に多彩な趣味を持つ南部紳士。

 

地元の歴史的な遺産を管理する協会の理事を務めたり、自宅のインテリアが雑誌の取材を受けるなど、そのこだわりと知識の深さが広く周囲にも認められています。

 

この協会がらみで、セオドシアが事件の調査を依頼されることもしばしば。

 

ヘイリーはメンバー唯一の20代。

 

仕事のあとに仲間と遊びに出かけたりと、若者らしさを感じさせる描写も登場します。

 

それ以外にも、スイーツのコンテストに挑戦したり、プライベートの時間を使って大学の授業を受けたりと、自身の将来につながる活動にも余念がありません。

 

そしてミス・ディンプルですが、彼女はセオドシアによっていい意味で人生を変えられました

 

彼女は独身で弟さんと二人暮らし。

 

生活が行き詰っていた時に、セオドシアに経理の腕を買われ、経理担当としてお店に関わることになったのです。

 

お店の繁忙時には、給仕も担うなど大活躍だよ!

 

そして彼女の経理としての有能さは広まり、地域の小売店などで経理を任されるようになっていきます。

 

フリーランスの経理担当としての仕事が充実し、愛猫や弟さんとの時間も楽しいものになりました。

 

登場人物それぞれのライフスタイルも、読んでいて参考になるし、刺激を受けるね!

 

生活に張りがない人生に行き詰まりを感じているという方はぜひ彼らから元気をもらってください!

 

 

 おわりに 

f:id:buntin1219:20200617181854j:plain

出典:pixabay.com

 

英語版は21作出版されており、現時点で20作の翻訳版が出版されています。

 

ほとんどの作品が翻訳されているなんて嬉しいね!

 

ティーショップも登場人物も魅力的なシリーズなので、今後もずっと読み続けたいです!

 

こちらの作品は11作目まで、今は無くなってしまったランダムハウスというレーベルで発売されており、その後コージーブックス(原書房)に引き継がれました。

 

コージーミステリはシリーズ半ばで翻訳がストップしてしまう作品も多いジャンル。

 

この作品のように、シリーズ作品が刊行され続ける作品がもっと増えてほしいです。

 

ぶんちん

 

 

◇Audible(コージーミステリ作品の洋書を聴こう!)

 

今話題のオーディブル🎵

 

コージーミステリの作家名を英語で検索すると、洋書版のオーディオブックが!!

 

英語が苦手でも、 一度日本語で読んだ作品なら、英語で聴いても大体の流れはわかります✨

 

コージーミステリを英語で楽しみながら勉強にもなるよ🎵

 

ローラ・チャイルズさんの作品もいくつかあり、このシリーズの最新作もあります💡(2020年5月現在)

 

www.audible.co.jp


 

◇作者についてもっと知ろう!:英語サイトのご紹介

情報満載の作者ホームページ💡 

http://www.laurachilds.com/

 

Amazon.com内の作者ページ

www.amazon.com