Buntin's Cozy Mystery Library

コージーミステリが楽しめて、気軽に立ち寄れる図書館のようなブログにしたいです♪

【コージーミステリ図鑑〈24〉】英国ひつじの村シリーズ:リース・ボウエン

こんにちは。ぶんちんです。

 

作品紹介第24弾は、ウェールズの大自然が舞台のこの作品!

 

巡査さん、事件ですよ (コージーブックス)

 

基本情報

・シリーズ名 

 英国ひつじの村シリーズ

・著者    

 リース・ボウエン

・訳者   

 田辺千幸

・出版社  

 コージーブックス(原書房)

 ・ぶんちん的カテゴリー

 英国ミステリ

 専門職系ミステリ

 

翻訳済みタイトル(2019年10月現在)

・巡査さん、事件ですよ 

・巡査さんと村おこしの行方

・巡査さん、合唱コンテストに出る

 

 

 

主人公

・主人公 

 エヴァン・エヴァンス

・年齢   

 20代後半

・仕事   

 スランフェア村の巡査

・家族構成

 独身(下宿中)

・ペット  

 なし

・恋のお相手

 ブロンウェン・ブライス(教師)?

 ベッツィ(パブのウェイトレス)?

 

 

舞台

・国    

 イギリス 

・地域

 スランフェア

 (ウェールズ地方の架空の村) 

ちなみに、ウェールズには「スランフェアPG」という、とあることで有名な駅があります。気になる方は下記サイトへ!(作品中にもチラッと登場します)

ja.wikipedia.org

 

物語に登場する登山鉄道のモデルはこちらの鉄道です。作中に登場する「スランベリス駅」は実在します。

ja.wikipedia.org

 

 

ぶんちんのおすすめポイント

物語の舞台となるウェールズの大自然

物語の舞台となるのは、スノードン山の麓にある架空の村、スランフェア。

 

さすがウェールズということで、豊かな自然の描写がたくさん登場します。

 

自然豊かなスランフェア村と、おそろしい殺人事件は対照的で、殺人事件の異様さが際立つ設定です。

 

主人公のエヴァンも、大のアウトドア好き。

 

暇さえあれば、スノードン山へ散策に出かける、山歩きの玄人です。

 

気持ちを落ち着けて推理をするために、山へ出かけていくというシーンも登場します。

 

物語を読み進めていくうちに、地元の方にも愛されている、ウェールズの自然の中に出かけていきたくなります。

 

上下関係や規律に悩む「村の巡査さん」

この物語の主人公は、コージーミステリにはめずらしく男性。

 

しかも「巡査さん 」ということで、コージーミステリの定義からはやや外れています。

 

www.buntin-cozylife.com

 

警察関係者であれば、コージーミステリで必ずぶつかる「素人の壁」が存在しません。

 

捜査に関わることが自然な立場ですし、情報も得やすい。

 

「好きなだけ捜査できるじゃん!」というわけです。

 

しかし、警察機構の中にも大きな壁が。

 

どうやら「村の巡査さん」では、殺人事件の捜査はできないようなのです。

 

日本で言えば交番のおまわりさんなので、捜査一課のような捜査を単独で行うのはルール違反。

 

主人公がどうルールをかいくぐり捜査に関わっていくのかも注目です。

 

イギリスの中にある外国?独自の文化を持つウェールズ地方

ウェールズ地方は、イギリスを構成するカントリーの一つ。

 

英語とは全く違うウェールズ語という独自の言語を持っていたりと、イギリスの中にありながらも違う国のようです。

 

物語に登場する村人たちの言動を見ても、イギリスのよその地域とは違うという気概を感じます。

 

自分たちの文化や言語を大事にしていること、彼らの文化を軽んじてはいけないということを、感じさせる物語です。

 

日本語訳版では、ウェールズ語を強調したい部分について、日本語の横にカタカナでウェールズ語を入れるという手法を取っています。

 

本当に英語とは違う言葉なので、どんな言語なのか興味が湧いてきますよ。

 

 

 おわりに 

原作は10作出版されており、現時点で3作の翻訳版が出版されています。

 

作者のリース・ボウエンさんは、1930年代を舞台にした「英国王妃の事件ファイルシリーズ」でも有名ですね。

 

 

ちなみに「英国ひつじの村シリーズ」は、上記のシリーズよりも前に誕生しています。

 

リースさんが初めて手掛けたミステリとのこと。

 

田舎の村という設定や、村での暮らしの描写など、コージーミステリに欠かせない要素を抑えながら、警察の上下関係やイギリス国内でのウェールズ地方の立場など、社会的な背景も考えさせる内容。

 

コージーミステリを読みなれた方にも新鮮に映る作品だと思います。

 

今後も続編の翻訳出版が楽しみですね🎵

 

ぶんちん

 

 

 

 

◇Audible(コージーミステリ作品の洋書を聴こう!)

今話題のオーディブル🎵

 

コージーミステリの作家名を英語で検索すると、洋書版のオーディオブックが!!

 

英語が苦手でも、 一度日本語で読んだ作品なら、英語で聴いても大体の流れはわかります✨

 

コージーミステリを英語で楽しみながら、勉強にもなりますよ🎵

 

リース・ボウエンさんの作品も数多くオーディオブック化されています。

 

「英国ひつじの村シリーズ」は『Constable Evans』で検索を💡

 

無料登録はコチラ↓

 

情報満載の作者ホームページ💡

rhysbowen.com

 

Amazon.com内の作者ページ

www.amazon.com