Buntin's Cozy Mystery Library

コージーミステリが楽しめて、気軽に立ち寄れる図書館のようなブログにしたいです♪

【深読みフルハウス】シーズン1 第4話「パパたちのおそうじ大作戦」

あらすじ

とある休日。タナー家は大混乱に陥っていました。

 

洗い物はシンクに溢れ、洗濯物で洗濯機はパンパン、片付けや掃除もできていません。

 

ダニーが頭を抱える中、3姉妹の祖母であるダニーの母親が、急遽家を訪ねてくることに。

 

みんなで力を合わせてお掃除しようとがんばりますが、なかなかスムーズにいきません。ついにはジェシーとジョーイの母親もやってきて。。。

 

ダニー、ジェシー、ジョーイは立派に家を守れることを母たちに証明できるでしょうか?

 

 

使ってみようフルハウスEnglish!

Tape it. 

録画しろ。(ダニー)

外出先で見たい番組を思い出して、家族に録画をお願いしたい時に使ってみよう!

(ケンカになるのでpleaseをつけて。)

 

 

独断チョイス!名シーン!名ゼリフ!

「そうだね。お前たちの気持ちはよくわかるよ。ジェシーおじさんのかわいがってたものを失くしてがっかりさせたんだからね。でも、バーバのことは事故だったんだ。どんな失敗をしても、みんなお前たちの味方なんだよ。」(ダニー)

「これからもなんかあったら、いつでもついてるからな。」(ジョーイ)

「そうさ。その代わりおじさん達が困ったときは、お前たちがついててくれるよな?」(ジェシー)

 

 

母たちにきちんと掃除をすると約束し、大掃除に取り掛かろうとしていたとき、ジェシーの大事な亀のバーバが子供部屋から脱走してしまいます。

 

責任を感じ弁償するとまで言うDJとステフに、パパ3人が語りかけます。

 

3人は、落ち込んでしまう気持ちをわかっていることと、失敗しても大丈夫だということを話します。

 

こういうことを子どもに伝えるのは大事な気がします。

 

失敗や困りごとを大人に正直に打ち明けても、否定されないことがわかり安心できますし、失敗してはいけないと思わなくなり、大人を素直に頼りにできるようになる。

 

結果的に大人側も、過剰に心配しなくて済むようになります。

 

大人同士でも、例えばパートナーとこういう関係を築けたら最高ですね。

 

また、困ったときには頼りにするよと話すことで、大人でも失敗はあること、子ども側も時には力になれる立場にあることが伝わります。

 

また、自分たちの失敗を受け止めてもらえたので、子どもたちも他の人の失敗に寛大になれるでしょう。

 


James Brown - I Feel Good

お掃除シーンでかかってる曲です♪

 

 

最終的に母たちは息子たちを信じることを決め、これからも自立してがんばっていくよう励まします。

 

自分たちがいつまでも世話をしてあげられるわけではないので、心配だけれど背中を押す。これもまた、息子たちに引き継がれる考え方かもしれません。

 

母親たちの視点で見てもおもしろい回ですね。



ここもポイント!プラスワン!

この回で最も重要なテーマは「自立して暮らすとは?」ではないでしょうか。

 

特に、家庭を運営する上での家事の重要性が描かれています。

 

ダニーは29歳にして、スポーツキャスターとして活躍し、マイホームを買い、家族を養っています。

 

端から見ると大変立派に思えますが、ダニー自身は自分に自信が持てない様子。それは家の中のことをしっかりやれていないからなんですね。

 

本来几帳面で、おそうじ大好きなダニーですが、この時期は忙しかったようで、きちんとできない自分自身にいらだっています。

 

一方ジェーシーやジョーイは、家事をきちんとやるのが家族のために大切なことだということが、この時点まではピンときていなかったように思います。

 

二人は独身でずっと一人で暮らし。家事は自分のタイミングで行えば十分だったところがあり、家族のリズムに合わせて家事をするということが、まだ習慣づいていない感じです。

 

この回以降、家事運営は順調に回り出します。

 

パパ3人の間で、「家族の幸せのために、大事なことは何か」ということが共有できたようです。

 

家事は「時間があるからやること」ではなく、「生きるために必要なこと」です。

 

家の中の仕事、お金を稼ぐ仕事。本当に自立し家族を守っていくためには、どちらも大事なことですね。

 

 

ぶんちん