Buntin's Cozy Mystery Library

コージーミステリが楽しめて、気軽に立ち寄れる図書館のようなブログにしたいです♪

【深読みフルハウス】シーズン1 第3話「うれしおそろし幼稚園」

あらすじ

新学期をむかえ、DJは5年生に進級!ステフは幼稚園に入園します。

 

ダニーも朝からお弁当の支度やら、ホームビデオの撮影やら、娘達の成長に喜びつつも切なくなったりと、落ち着きません(笑)

 

そんな中ステフが初登園にナーバスになり、「行きたくない」と言い出します。ダニーが付き添ってとりあえず登園するのですが。。。

 

子どもたちの新しいスタートを大人たちはうまく後押しできるでしょうか?

 


Sunrise, Sunset - Perry Como

子どもたちを見送るときにジェシーとジョーイが唄ったBGM♪

 

 

使ってみようフルハウスEnglish!

You wait here. 

ここで待ってろ。(ジェシー)

ちょっと忘れ物を取りに戻るときなんかに使ってみよう!

 

 

独断チョイス!名シーン!名ゼリフ!

「今度のクラスは頭いい子ばっかりで、知ってる子なんか一人もいないんだもん。すっごい怖いよ。」(DJ)

「あたしも怖い。」(ステフ)

「でも怖いからって逃げてちゃしょうがないのよ。未知のことにも挑戦しなきゃ何も知らずに終わっちゃうよ?」(DJ)

 

 

ダニーに付き添われなんとか登園するステフ。

 

心配して様子を見に来たジェシーとジョーイも手伝いますが、なかなかクラスになじめないステフは、家に帰ろうとします。

 

一方でDJも新しいクラス分けに不満を持ち、学校を抜けだそうとします。

 

新しい環境を怖がるステフに自分を重ねたDJは、姉として、妹の気持ちに寄り添います。

 

このときDJは座り込むステフのそばにしゃがみ、目線を合わせて話をします。

こういうところで父の姿をみて学んでいるなと感じますね。

 

また、自分が父からかけられた言葉を、今度は自分の言葉として妹にアドバイスしています。このプロセスがとても興味深い。

 

父に言われた時にはあまりピンと来ない言葉も、自分がアドバイスする立場にたつと、腑に落ちる。

 

ここではじめてDJも父の言葉を受け止めることができ、クラスに戻る覚悟が固まりました。

 

「とにかく友達作るって時間かかるのよね。だけどさ、もう一人親友がいるじゃない?」(DJ)

「だれ?」(ステフ)

「あたし。」(DJ)

 

DJとステフは5歳ほど年齢が離れていますが、全シーズンを通して、相棒としての絆を強めていきます。

 

この関係性が築かれるためには、姉であるDJの姿勢が重要です。

 

DJがステフを「妹であり、親友である」と認識して、時に力になり、時に頼りにもする。

 

姉のほうがこうして扉を開いているので、ステフも同じように認識していきます。

自分を振り返ると、DJみたいにいいお姉さんじゃなかったな〜と反省しますね。

 

DJの機転で、ステフは無事に初登園。

DJ自身もクラスに戻り、ようやく新学期がスタートです!

 

ちなみにこの回のなかで、ステフの担任の先生にジェシー、ジョーイ、ダニーの3人が「この子の父親です」と名乗るシーンがあります。

 

3人のパパなんて世間には不思議に思われますが、それがタナー家!

タナー家の特色をよく表した微笑ましいシーンです♪

 

ぶんちん