Buntin's Cozy Mystery Library

コージーミステリが楽しめて、気軽に立ち寄れる図書館のようなブログにしたいです♪

そもそもコージーミステリとは?

個々の作品について書いていく前に、そもそものところを考えてみます。

 

そもそもコージーミステリって???

 

  

コージーミステリの定義

f:id:buntin1219:20191121221909j:plain

 

まずは日本語版Wikipediaから引用してみます。

ハードボイルドのニヒルでクールなイメージに対し、「地域社会が親密である」「居心地が良い」といった意味を持つ「コージー(cozy)」を使用し、日常的な場面でのミステリーであることを示す。

特徴としては

・探偵役が警察官、私立探偵などの職業的捜査官ではなく素人であること
・容疑者が極めて狭い範囲のコミュニティに属している
・暴力表現を極力排除していること
などがあげられる。

 

なるほど。すごくわかりやすい。確かに。

 

ではここからは、わたしの個人的な見解を書いていきます。

 

 

ぶんちんの中のコージーミステリの定義

 わたしの考える定義は下記のとおりです。

 

  1. 探偵役の主人公は素人
  2. 主人公の職場や暮らしている地域が主な舞台
  3. 主人公の恋愛模様も描かれている
  4. 犯人捜し以外の日常や仕事の描写がとにかく丁寧
  5. 登場する食べ物がとてもおいしそう
  6. 犯罪は殺人に限らない

 

こうしてみると、はWikipediaと重なる内容ですね。

 

ただ、個人的に読みどころは、だと思っています。

 

コージーミステリが好きな人は、このあたりの描き方が好きなのではないかと。

 

こうした犯罪や謎解き以外の部分が、他のジャンルとの大きな違いだと思うのです。(もちろん謎解き部分もおもしろいですよ)

 

では、一つずつ見ていきましょう。

 

1、探偵役の主人公は素人

f:id:buntin1219:20191121223345j:plain

 

女性が多いですが男性もいます。

 

女性の場合だと30代以上で独身の設定が多いですね。

 

主人公なので基本的にモテモテです。

 

お仕事系ミステリ以外では、個人事業主としてお店を経営していたりする場合が多いです。

 

主婦の場合もあります。

 

2、主人公の職場や暮らしている地域が主な舞台

f:id:buntin1219:20191121223412j:plain

 

多い設定としては、アメリカなどの田舎の架空の町を舞台としているというのがあります。

 

都市部が舞台だと、実際に存在する地域がそのまま舞台となることも。

 

主人公の職場を中心に展開するものもありますね。

 

3、主人公の恋愛模様も描かれている

f:id:buntin1219:20191121223522j:plain

 

主人公の人生模様も読みどころの一つ。

 

主人公が独身の場合は、当然のように恋愛模様も描かれます。

 

事件が絡んでいたりするので、あまりうまくいかないことも。。。

 

お相手は結構イケメンである場合が多く、好きな俳優さんなんかを思い描きながら読むと楽しいかもしれません。

 

4、犯人捜し以外の日常や仕事の描写がとにかく丁寧

f:id:buntin1219:20191121224134j:plain

 

小説の中でも、主人公の日常についてはさらっとしか描かないものもあると思いますが、コージーミステリの読みどころは、なんといってもこれでしょう。

 

主人公のライフスタイルを、読者が疑似体験できるレベルで描写されています。

 

翻訳小説では、こんなに細かく!?と驚くほど日常の描写を細かく書いているものがあります。

 

それが「まどろっこしくて苦手」という人も悲しいかな多いと思います。

 

でもコージーミステリは、それこそが一つの読みどころです。

 

これがないと楽しみが半減も半減。

 

主人公たちのライフスタイルを一緒に楽しみましょう! 

 

5、登場する食べ物がとてもおいしそう

f:id:buntin1219:20191121224339j:plain

 

日常の描写が丁寧にされているということは、当然食事シーンもしっかり描かれます。

 

しかも調理の段階から描かれているのです。

 

飲食系のお店が舞台のシリーズだと、主人公が料理上手なことが多いので、調理シーンから楽しそうにおいしそうに描写されます。

 

食べるシーンも幸せそのもの。

 

空腹時に読むと本当に辛い。

 

できればお腹に何か入れてから読むことをおすすめします。

 

海外ミステリだと、見たことも聞いたこともないおいしそうな食べ物が登場するので、外国の料理への興味や憧れもかきたてられます。

 

巻中や巻末にレシピが掲載されている作品もあり、その気になれば、登場したメニューを自分の手で再現することもできます。

 

6、犯罪は殺人に限らない

f:id:buntin1219:20191121225637j:plain


お仕事系のミステリの中には、殺人が絡まないものもあります。

 

ただ、海外ミステリでは「コージー」でも殺人が絡む場合がほとんどです。

 

最終的には犯人と主人公が命がけの直接対決をするなど、わりと激しい展開をするものも多いです。

 

なにぶんほぼみんな素人探偵なので、犯人にもなめられがちなんですね。

 

結構追いつめられることもあります。

 

日本のコージーミステリはお仕事系がとても多く、殺人が絡まない作品も多いです。

 

仕事内容に絡んだ謎を解いていくという展開が多いと思います。

 

日本のコージーミステリについても、また別の機会にいろいろ考えたいと思います。

 

おわりに

f:id:buntin1219:20191121230002j:plain

 

何かを定義するって難しいですね。

 

書いてみましたが、なかなか断言しづらいなと感じました。

 

今後もっと内容を精査していきたいと思います。

 

ちなみに、引用した日本語版のWikipediaのコージーミステリのページも、注意マーク付きで、「もっと裏付けが必要」というようなことが書いてありました。

 

これから開拓する余地がありそうな気配が感じられ、ワクワクします♪

 

英語版WikipediaのCozy mysteryのページは日本語版より少し詳しめなので、こちらももっとよく読むと参考になりそうです。

 

ぶんちん